2010年03月23日

shide CONTACT2010_2010.3.11

さて、少々ブログの更新が滞っていますが再会します。

3月11日に、The Artcomplex Center of Tokyo で行われていた、

武蔵野美術大学視覚伝達デザインコース卒業制作選抜展 『 shide CONTACT2010 』 を見学してきました。

会場が四谷3丁目の住宅街の中にあり、たどり着くまでに非常に苦労しましたww


会場内はこんな感じです。

DSCN2110.JPG


様々な作品が展示されていましたが、私はこの作品(『 New Map - New Way 方向音痴からの脱出 』)に凄く感動しました。
調査から分析まで非常に多角的な視点でモノゴトを捉えて作品を制作していたのもそうですが、これだけ膨大な情報を分かりやすく提示しモノに落とし込んでいた事に凄く感動しました。
会場にはちょうど制作者の方がいらっしゃったので、説明もして頂き更に感銘を受けました。また、気になった他の作品についてもいくつか説明して頂きました。

DSCN2113.JPG


この作品も非常に良かったです。
人間中心設計とかこういうモノなんだなぁと改めて感じることができました。

DSCN2101.JPG


この作品は簡単なオブジェクトを配置してドラッグ&ドロップで、様々なアニメーションを付けることができる 『 デジタル積み木 』 なのですが、自分の研究と繋がる部分が多々あったので非常に興味深かったです。
アフォーダンス等の認知科学的な部分を考察して改良すると更に素晴らしい作品になるのかなぁ、と思いました。

DSCN2159.JPG


ゆっくりと見学して気付いたら3時間が経過していました!

それだけ充実した素晴らしい展示だったのです!

ここでも多くのことを学べました。

もっと書きたい事は山ほどありますが、ここではこの辺で閉めます。

posted by Takuro Yamauchi at 15:25| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。