2010年09月15日

中国での日々3〜ディスカッション編(8/4)

さて、フィールドワークも終了し、

いよいよディスカッションに入ります。


変な話ですけど正直怖かったですよ。

ちゃんと意思疎通ができるか、ちゃんとした提案まで漕ぎ着けるのかとか・・・。

ともあれまずは写真を印刷しての 『 意識の共有 』 からディスカッションは始まりました。


DSC_4849.JPG

Zhouさん相変わらず決まってらっしゃるw

水色のポロシャツの彼はZhouさんの彼氏さんです。

彼は別にメンバーではないんですよ。なぜにこの場に!?

その謎はワークショップが終わるまで明らかにはならないのでしたww
(リーさんもハーさんも、私も水上君もずっと謎だったww)


DSC_4855.JPG

DSCN3220.JPG

DSC_4868.JPG


写真を印刷して、自分たちがフィールドワークで見たり聞いた物事を説明して質問し合う。

そして何度もまとめる事で提案物の輪郭がじわじわと見えてきます。

熱意 』 を持っていれば伝わる物なんです!

たとえ、言語が違えども 身振り・手振り・片言英語・イラスト で十分伝わります。


DSCN3226.JPG

ユーモアを忘れないリーさんww


DSC_4871.JPG

ZhaoさんとJiangさんに 『 アフォーダンス(ノーマンによる) 』 の概念を説明する私。

イラストで一生懸命に説明しています。

人間が椅子を見たらこれは座れるモノである、腰を下ろせるモノであると無意識的に認識する。形状が人間の視覚情報を通して動作を誘発する・・・みたいなカンジでw

包囲光配列からくるアフォーダンス(ギブソンによる) 』 は説明するのが難しいのでここでは流石にパスww


DSC_4889.JPG

だんだんと提案するモノが見えてきた。


DSC_4897.JPG

そんなこんなで朝になってしまった・・・。

リョータも疲れてるねぇ。


DSCN3236.JPG

午前10:00 中間プレゼン開始っす。


DSC_4927.jpg

なんと、急遽プレゼンターを勤める事となった私!!

言語はなんでもよいということだったので、日本語でww

DSC_4926.JPG

みんな真剣に聴いています。


私たちは 『 ポータブルな椅子 』 の提案を行う方向性を説明したのですが、

韓国・中国の先生方からポータブルである事の必須条件のような物を意見として頂く事ができました。

また、もう少し分析が足りない部分を指摘して頂いたのでその点をブラッシュアップしていくこととなりました。

何はともあれ皆さん1つ目の関門を超えました。


急にプレゼンターを任せられたためちょいと緊張しましたが、プレゼンの後リーさんから、『 タクローのプレゼンスタイルはスティーブ・ジョブズみたいで私は好きです 』 という超驚き発言を頂き嬉しかったですw


ここからが最も重要なフェーズなんで頑張りましょ!

posted by Takuro Yamauchi at 16:06| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。