2009年10月02日

見つめ直す

夏休みも終わり、今週から後期が始まった。

この夏休みは、大学院入試、評価実験やHIS2009など色々ありましたが、自分自身の経験を積むことと、今まで(または将来)の自分やデザインについて見つめ直す良い機会になったと思う。

卒研の方は、当たり前ですが、まだまだ不十分なのでこれから更に実験計画の再検討とデータを収集、考察を重ねていきたい。



自分については、HIS2009だったり、卒研だったり、東京で色々なモノを見る過程で、
人にやさしいモノ作り(UIが中心だと思う)を行う人間になりたいんだっていう気持ちを再認識できたと思います。
しかし、『 クリエイター 』 や 『 アーティスト 』 という呼称の職業にはやっぱり就きたくはないんだなって思った。

これらの職業はたぶん、制作者 『 個人 』 の内面から出る感性を具現化させる活動を行う割合が多いと思うのだが、自分はどうもそれが好きになれないようである。

ソフトウェアのUIというほぼ無限にユーザーがいるモノについて、人にやさしいモノを作ることを考えた際に、個人の感覚・感性を出すことに対してどうしても嫌悪感が出てしまうからだろう。

もし、これらのキーワードを使うにはやはり 『 統計的 & 定量的 』 なデータにしてから活用することが望ましいだろう。



デザインについて、とりわけ 『 情報デザイン 』 という分野については、最近更に分からないことが多くなってしまった。

たぶんこれは、情報デザインに触れた者として長い間(もしくは一生)考えていく課題になっていくだろう。



頭がまだ整理されていないので、今はここまで。



※以上は、私の独り言である。


posted by Takuro Yamauchi at 02:00| Comment(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

Safari & New MacBook Pro

Safari 4.0.png


画像は、最近更新したMacのWebブラウザ Safari 4.0のTopSites画面です。

サイトのサムネイルを選択すると拡大されてページが見れます。

拡大という動きの要素が使用されている訳です。

Webブラウザにもこういう面白い要素が出てくるのは私個人にとっても、多くのユーザーにとっても嬉しいことです。



さて、最近 Apple社は MacBook Proファミリーを一新して13、15、17インチモデルを出しました。価格も2万円ぐらい下がりました。

4月にアルミMacBook 2.4GHz を購入した私にとっては、少々失敗したかなぁ〜といったマイナスの印象を最初持ちました。

でも詳しく仕様を見てみると、後悔は少なくなってきました。

新しいMacBook Pro 13インチと比較してみての相違点は、

新しくFireWire 800ポートとSD Cardスロットがついて、
CPUは2.26GHzまたは2.53GHz、HDは160GBまたは250GB。

メモリは2GBと4GBで、最大8GBまでをサポート。

バッテリーの持続時間が7時間に延びた。

価格が下がった。 などなど・・・



これだけ、見ると大して自分が所有するMacBookと変わらないような感じがします。

FireWireは今のところ使わないし、SD Cardはカードリーダーを買って接続すればイイですし、

CPUはCore 2 Duo 2.4GHzで、メモリは現在4GB。

私はハードに関してはあまり詳しくありませんが、十分です。

ある意味で、今のMacBookは記念碑的な機種になるかもしれません。



強いて言うなら、価格が下がったことが一番悔しい点ですかねww

学生キャッシュバックでiPod分が戻ってきても、18万円位でしたから。



いつかは、数年後ぐらいには新たに出るであろうiMacかMac Proも新たに購入したいです。

僕は Mac信者 とまではいきませんが、Appleの製品が大好きなのでこれからもAppleの製品はチェックしていきます。


posted by Takuro Yamauchi at 13:36| Comment(0) | Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。