2010年08月17日

中国での日々2〜フィールドワーク故宮編(8/3)

さて、この日からフィールドワークが始まりました。

この日は、天安門広場→故宮博物院→北海(ボート漕ぎ)→畑袋斜街を見て回りました。

写真が多いので今回は故宮編と称して、
天安門広場から故宮博物院までの道のりを書きます。


DSCN2954.JPG

朝の大学内の風景。
中国の朝は太極拳による精神統一から始まる。

DSCN2958.JPG

まず始めに訪れたのは『 国家大劇院 』
国営の大劇場です。京劇などの伝統芸能の公演などが行われているそうです。
国家っていう文字は重みがありますねw

DSCN2969.JPG

なんでも通称『 Egg(卵)』と呼ばれているらしいです。
水面に映し出される上下対象のシルエットが面白いです。

DSCN2986.JPG

そしてやってきました、『 天安門広場 』!!

DSCN2990.JPG

広い、とにかく広い!!
ここは世界で最も広い広場だそうで、タイル100万枚が敷き詰められているそうです。
タイル1枚に人間一人が立つとして100万人を収容出来る計算になります!?

DSC_4667.JPG

こちらの建物は、『 中国国家博物館 』

DSCN2994.JPG

こちらは 『 人民大会堂 』
ニュースで出る、中国共産党大会が行われるのはこの建物です。

DSC_4663.JPG

毛主席記念堂。毛沢東主席の遺骸が安置されている。


DSC_4671.JPG

おっ、あの変な乗り物はなんだ!?

DSC_4665.JPG

ゴミ収集自転車!!
天安門広場では清掃員が広場内を巡回して、落ちているゴミを収集して回っています。
しかし、なかなか思い切ったデザインだなぁw


DSCN3001.JPG

国家建設の父 毛沢東 主席とパチリ。
よく見てみると、これは写真じゃなくて絵なんです!
ずっと写真だと思ってましたw
日本の懐かしい銭湯で見る事ができる風景画みたいな感じのモノです。


DSCN3004.JPG

そして、いよいよ『 故宮博物院(紫禁城)』の内部へ!!

DSC_4684.JPG

門に施されている金色の装飾品を触ると幸運が訪れるのだとか!?
皆触っていくから、一番低い部分の金色のメッキだけが剥げているw
一種のログですね。

DSCN3041.JPG

内部は人人人。人の海です。


DSCN3013.JPG

DSCN3020.JPG

おっ、アフォーダンス!!
内部はとても広いので、ちょっとした段差や腰を掛けられる部分を用いて休憩している人たちがとても多かった。そして、そこから生まれる無数のコミュニケーション。
これはナニかに使えるかも!?

DSCN3031.JPG

なるほど、チラシを一枚敷いて座るのか。


DSCN3054.JPG

九匹のドラゴン。
奇数は縁起のいい数字で、様々な装飾品は奇数で表されているのだとか。

DSCN3045.JPG

DSCN3080.JPG

建物の様々な部分に施された、見事なまでの精緻な装飾の数々。
まさに、豪華絢爛!!

DSC_4750.JPG

子供と戯れる狛犬の像。
顔は恐いけど、なんだか微笑ましい感じがします。
狛犬は守り神なんだそうです。


DSC_4766.JPG

ゴォール!!
ここまでたどり着くまでが長かった。

故宮博物院は一日じゃじっくり見物することはできません。
2〜3日は欲しいところです。

次回来るときは、長期滞在してじっくり見たいです。

今回はそのスケールのデカさにただただ圧倒されるばかりでした。


次回、フィールドワーク ボート編に続きます。

posted by Takuro Yamauchi at 19:37| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

中国での日々1 〜出会い( 8/1-2 )

8月1〜8日までの一週間

姜先生のデザインワークショップで中国(北京)に行ってきました。

このデザインワークショップは、姜先生の母校である弘益大学(日本の多摩美のような美術系有名大学)と合同で毎年開催しているもので、今年で3回目の開催です。

今回は初の中国開催で、日中韓3カ国の大学でデザインを学んでいる学生が参加しました。(日本:公立はこだて未来大学、中国:北京理工大学、韓国:弘益大学)


今年のテーマは『 Design Emotion + Asianism 』

デザイン感性、そしてアジアの学生が悠久の歴史を持つ中国は北京に集ったからこそ生み出す事のできる『 アジアらしさ 』をデザインするモノに注ぎ込んで新しい価値あるツールの提案を行います。



まずは北京滞在1日目。


DSCN2924.JPG

メイン会場となる北京理工大学のキャンパス内。
日本メンバー全員で、キャンパス内にある食堂へ朝食を食べに行きます。
この大学のキャンパス内には食堂が10件以上あるそうです!?
並木が奥まですっと続いており、風にゆれる木の葉の音が心地よい。

DSCN2926.JPG

中国の朝食のスタンダード、中国粥と揚げパンと饅頭。
揚げパンはお粥に浸して食べます。
日本でいうお茶漬けに入っているお煎餅みたいな感じの物。
僕は日本のお粥よりも好みでした。毎朝食べたいww

DSCN2928.JPG

移動の疲れが少し残る中、急いで朝食を食べる日本メンバー。
初めて食べる中国の味に少々戸惑う!?



DSCN2930.JPG

デザインワークショップ最初のガイダンスが行われた、
北京理工大学 DESIGN & ART SCHOOL の発表ホール。

デザインって中国語では『 設計 』って書くんだ!
日本語のようにカタカナで『 デザイン 』って書いてしまうと、
どうも本来の意味を忘れがちですよね。

DSCN2933.JPG

内部はこんなカンジ。スクリーンがデカい!!
ここでのガイダンスはそれぞれの大学紹介やデザイン実践例の紹介が行われました。
未来大のガラス張り校舎が映った際は、学生から思わず『おぉー!!』という声が出ていたww

中国と韓国の学生は、プロダクト(インダストリアル)デザイン専攻の学生で、
3Dツールで制作した作品のモデルや、人間工学的手法を用いた作品の数々が紹介されました。

_DSC0165.JPG

ガイダンスの後、集合写真をパチり!
姜先生もっと前に出てきて下さーいww



DSCN2950.JPG

グループメンバーの顔合わせと自己紹介の後、オープニングパーティーが開催されました。写真は北京ダック、美味しかったです。

DSCN2946.JPG

私のグループの韓国メンバーで左から、HA JIN-HEEさん LEE SANG-HYUCKさん
お2人とも弘益大学の3年生で、プロダクトデザインを専攻されています。

DSCN2949.JPG

グループの集合写真。
一番左は、中国メンバーのZHOU YAQIさん(一応グループリーダー)。
左から5番目の方はZHAO RANRANさん、6番目はJIANG XIAOJINGさんです。
彼女たちもプロダクトデザインを専攻されています。



さて、グループ間のコミュニケーションは全て英語です。


正直、ここまでの過程で私は自分の英語力の無さに絶望していましたw

大丈夫なのかコレで、一週間大丈夫なのかオレ!?

でも、やるっきゃない頑張るしか無いじゃないか!

幸いなことに韓国人のLEEさんとHAさんとは、打ち解けることができた!



そんなこんなで中国デザインワークショップが本格的に始まりました。

次回フィールドワーク編に続きます。

posted by Takuro Yamauchi at 18:51| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

大学院入学

今日、学部と大学院の入学式がありました。

『 おいおい新入生、ちゃんと返事しようよ・・・』

と思う時もありましたが、無事入学式を終えました。




ここから新たなスタートが堂々始まりました!!


今日は新しいデスクへ荷物を搬入して、

新しいアカウントでメールやら何やらセッティングして、

必要書類を書いてetc と事務的な作業を淡々と行った。

明日からはさっそく講義が始まるので、

気を引き締めて望みたいと思います。


posted by Takuro Yamauchi at 20:09| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。