2010年04月11日

不思議な話

最近『 新耳袋 』にハマっていまして、現在第4夜を読んでいます。

一晩で99話読むのは危険行為なので、二晩位に分けて読んでいますw


考えてみると、この本に書かれている様な不思議な出来事が自分の人生の中でも何度か起こっていることを思い出した。

ここでは私が体験した2つの話を書きたいと思う。



1. ひいおばあちゃん

私が小学校1年生の頃、ひいおばあちゃんが亡くなった。
当時は幼いという事と、ひいおばあちゃんが長い事入院してたということもあり、会う機会があまり無かったので自分の中で深い悲しみの感情は起きなかった。
火葬、通夜と儀式は進み、お葬式は祖父母宅の斜め向かいにある式場で行った。
葬儀には親戚一同が集っており、お葬式が始まる時間まで私は従兄弟と祖父母宅の2階で遊んでいた。すると、1階から母の声がした。
「親戚の叔父さんが来たから、挨拶しなさい。」
私と従兄弟が2階から1階へ階段を降りようとしたとき、私は階段の中腹に白い影を見つけた。その影は、ぼんやりと線香の煙が人形になって階段の中腹を漂っていた。
従兄弟には見えていないようで、従兄弟はタタタッと階段を降りて行った。
私はしばらくその白い影を2階から見ていた。
目を凝らすとその白い影は、なんと白装束を身につけたひいおばあちゃんだった。
その白い影は私を通り過ぎて2階に登り、スッと消えた。
幼かったからなのか、不思議な事に恐怖というものは感じなかった。
私は何も無かったかのように1階に降り、親戚の叔父さんに挨拶をした。
ひいおばあちゃんは久しぶりに帰った自分の家を見回っていたのだと思う。


2. 木に刺さった身体

これは私が高校生の時の話です。
私は青森市のT高校に通っていて、TS駅から青森駅でT線に乗り換えてK駅という所で下車してT高校に通っていました。K駅の次はY駅であり、主に隣のH高校の生徒が利用していた。

この話は、私がY駅からK駅の間で見たあるモノの話である。
何の用事かは忘れましたが、私はY駅よりも前の駅で電車に乗り青森駅を目指していました。電車の進行方向左側に席に座りボーっと車窓の景色を見つめていました。
電車がY駅に着き、H高校の数名が下車して電車が次のK駅に向けて発車した。
後数分でK駅に着こうという時、線路沿いの庭に大きな木がある家が見えてきた。
ふと、私はその木の枝に異様なモノがぶら下がっているのが見えた。
車窓から見えるほんの一瞬の光景ではあったが、その異様なモノは明らかに人であった。
その人は男性で、胸の辺りから木の枝が突き抜けていてダラ〜っと木にぶら下がっており、浴衣を羽織っているようだった。
驚いた私は、席から身を乗り出してその衝撃的な一瞬の光景を見ていたが、他の乗客には見えていないようだった。一人や二人見ていてもおかしくはないはずである。
後日新聞を見たが、Y駅やK駅付近でそのような事件が起きたことは無く、隣のH高校の友人からもそのようなモノを見たという話は聴いたことが無いということであった。
私はそのまま高校を卒業してしまい現在に至りますが、あの家は、あの木はいったい今どのようになっているのでしょうか?


posted by Takuro Yamauchi at 01:43| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

Alan Kay

パソコンの父と言われているアラン・ケイ博士の有名な言葉。
(デスクトップ型PC、GUI、オブジェクト指向などの概念を生み出した方。Alto、Smalltalk、Dynabook、Lisa、Macintosh などの開発)

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ。」
"The best way to predict the future is to invent it."

大きい・・・。

大きすぎる。

何かもう次元が違い過ぎます。




でも、夢を持つのは悪いことではない。

未来を見据えたナニか、世界を変えるナニかを将来作れないかなぁ。


脈絡がなく、漠然とした真夜中の独り言。

posted by Takuro Yamauchi at 00:35| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

捨て損ねた黒いゴミ

僕は人間です。

だから、喜んだり、悲しんだり、泣いたり、怒ったりと様々な気持ちを表面的に、

あるいは内面的に表すことができる。


小さい頃はそういった気持ちを表面的に表してきたが、歳を取るにつれ、喜び以外の気持ちは全て内面に隠すようになった。

心の片隅にデスクトップ上のゴミ箱の様なものがあって、そこにイヤなものを全て投げ入れているのだ。たまに、上手く入らなくて表面的にそんな気持ちが表れることもあるのだが・・・。

しかし、ゴミ箱に気持ちを捨ててもその気持ちが完全に消え去る訳ではない。
(PCを持っている人なら解るだろう)

何かの拍子にパッと思い出して気持ちがモヤモヤしてしまうこともある。


最近はそのパッと思い出すとが非常に多い。

そんな日は決まって一日が不快に終わってしまうので、本当に困る。

心の中に汚い言葉が溢れてくる。

チクショウ、四年にもなってふざけた事言いやがって。

御託ばかりで何も成長してないじゃないか。

現実がなんだ。

黒い泥道を全力で走っていて、走った拍子に泥が顔に跳ねてそのまま体全体が真っ黒になって泥と一体化してしまう、そんなイヤ〜な感じ ( 感覚 ) ・・・。

そういう汚いことを思ってしまう自分は本当に大嫌いなので、心のゴミ箱以外の捨て場所を何とか探さないといけませんね。


posted by Takuro Yamauchi at 00:12| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。