2010年09月20日

中国での日々4〜アイデア展開&発表準備編(8/5, 6)

今回は正直面白くありませんよww

ただただ、淡々と作業でのことを書き連ねます。


まず、中間プレゼンのあと皆で昼食 & 大学近郊の散策にいきました。

DSC_4943.JPG

Zhouさんが北京理工大学の歴史を説明してくれました。
激しい歴史のうねりの中で移転を繰り返してきた大学なんだな〜。

DSCN3241.JPG

この道路の広さはヤバいよね。
一番端の通りは、路駐と自転車などの専用道路。

DSC_4944.JPG

なんか、アジアっぽいww

DSC_4948.JPG

プ、プーマ? プーマなのか!?
やけに胴体部分が長いような気がするのだがww


DSC_5000.JPG

そして、帰ってきてからはアイデアスケッチを各作業に。
中国・韓国の学生がスラスラとスケッチを描いていく姿に焦る。
う〜ん、プロダクトの学生と違ってこちらは絵(ビジュアル)に起こせない・・・。
これからの反省課題かな!

DSC_4971.JPG

夜はネットカフェに移動しての作業。
4日ぶりにまともなインターネット環境にありつけましたww
メールのチェックして再びアイデア展開とディスカッション。

DSC_4961.JPG

DSC_4979.JPG

ちょいと煮詰まってきました。

この日(8/5)の作業は深夜2時まで続いた。


DSC_5006.JPG

最終発表前日(8/6)、この日は正直ヤバかった!
提案内容がこの日の夕方の時点で固まっていなかったからです。

しかし、難航を極めたディスカッションの結果、
韓国チームの案を採用して提案を行うことに決定!!
即座に発表準備作業に移る。

DSCN3269.JPG

この日も場所を変えての作業。
この日は、学生委員会副委員長でもあるZhouさんがネットが使える委員会事務室を提供してくれました!!Zhouさんありがとー!!

DSC_5012.JPG

Zhaoさん、Jiangさん、水上くんはスライド作り。
私は提案物の色彩&グラフィックパターンを数十個制作しました。

DSC_5015.JPG

Reさん、Haさんは3Dレンダリングで提案物を制作。

DSC_5016.JPG

おや、Reさんは紙でなにやら制作中!

DSC_5020.JPG

はっ、恥ずかしい所を撮られていた・・・!!
すみませんww


そんなこんなで日付は8/7日(土)。

最終発表当日を回っていたのでした。


次回は最終発表のことを書きたいと思うんですが、

自分たちの発表の時は、写真が撮れるはずも無く手元に良い写真がありませんww

友人から写真が入手できたら書きます。

とにかく今回はここまで、ではでは。

posted by Takuro Yamauchi at 17:41| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

中国での日々3〜ディスカッション編(8/4)

さて、フィールドワークも終了し、

いよいよディスカッションに入ります。


変な話ですけど正直怖かったですよ。

ちゃんと意思疎通ができるか、ちゃんとした提案まで漕ぎ着けるのかとか・・・。

ともあれまずは写真を印刷しての 『 意識の共有 』 からディスカッションは始まりました。


DSC_4849.JPG

Zhouさん相変わらず決まってらっしゃるw

水色のポロシャツの彼はZhouさんの彼氏さんです。

彼は別にメンバーではないんですよ。なぜにこの場に!?

その謎はワークショップが終わるまで明らかにはならないのでしたww
(リーさんもハーさんも、私も水上君もずっと謎だったww)


DSC_4855.JPG

DSCN3220.JPG

DSC_4868.JPG


写真を印刷して、自分たちがフィールドワークで見たり聞いた物事を説明して質問し合う。

そして何度もまとめる事で提案物の輪郭がじわじわと見えてきます。

熱意 』 を持っていれば伝わる物なんです!

たとえ、言語が違えども 身振り・手振り・片言英語・イラスト で十分伝わります。


DSCN3226.JPG

ユーモアを忘れないリーさんww


DSC_4871.JPG

ZhaoさんとJiangさんに 『 アフォーダンス(ノーマンによる) 』 の概念を説明する私。

イラストで一生懸命に説明しています。

人間が椅子を見たらこれは座れるモノである、腰を下ろせるモノであると無意識的に認識する。形状が人間の視覚情報を通して動作を誘発する・・・みたいなカンジでw

包囲光配列からくるアフォーダンス(ギブソンによる) 』 は説明するのが難しいのでここでは流石にパスww


DSC_4889.JPG

だんだんと提案するモノが見えてきた。


DSC_4897.JPG

そんなこんなで朝になってしまった・・・。

リョータも疲れてるねぇ。


DSCN3236.JPG

午前10:00 中間プレゼン開始っす。


DSC_4927.jpg

なんと、急遽プレゼンターを勤める事となった私!!

言語はなんでもよいということだったので、日本語でww

DSC_4926.JPG

みんな真剣に聴いています。


私たちは 『 ポータブルな椅子 』 の提案を行う方向性を説明したのですが、

韓国・中国の先生方からポータブルである事の必須条件のような物を意見として頂く事ができました。

また、もう少し分析が足りない部分を指摘して頂いたのでその点をブラッシュアップしていくこととなりました。

何はともあれ皆さん1つ目の関門を超えました。


急にプレゼンターを任せられたためちょいと緊張しましたが、プレゼンの後リーさんから、『 タクローのプレゼンスタイルはスティーブ・ジョブズみたいで私は好きです 』 という超驚き発言を頂き嬉しかったですw


ここからが最も重要なフェーズなんで頑張りましょ!

posted by Takuro Yamauchi at 16:06| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国での日々3〜フィールドワーク 万里の長城編(8/4)

前回の更新からだいぶ時が経ってしまいましたが、

北京での事の続きを書きます。


前回に引き続きフィールドワークのことを書きます。

今回は 『 万里の長城 』 に行ってきましたよ!

DSCN3143.JPG

この日は生憎の雨模様。

でも少しだけ空気が普段よりも良いような気がしました。

DSCN3144.JPG

ここからいよいよ万里の長城に入場します。


DSCN3431.JPG

その前に、みんなでパチリ!

水上くん眠そうですねww 無理もないか昨晩北京入りしたんだから。


DSCN3150.JPG

入って早々何だよこの人の数は!!

DSCN3189.JPG

はぁー・・・壮大だなぁ。

ユーラシア大陸の半分位までこれが連なっていることを思うとロマンを感じますね。


DSCN3477.JPG

DSCN3180.JPG

しかし、一歩自分の身近に目をやるとこの現実。

おいおいおいwwww


DSCN3192.JPG

北京オリンピックの名残。


DSCN3193.JPG

万里の長城の傾斜は非常に急なんです。

皆さん下りの際はバーに掴まって下っています。

この日は雨だったから特に足下が滑り易い状況でした。



次回はいよいよディスカッション編に移ります。

ではでは。
posted by Takuro Yamauchi at 14:18| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

中国での日々2〜フィールドワーク ボート編(8/3)

故宮博物院を後にして昼食を食べた後に向かったのは『 北海 』という湖
(いや池なのかな??)。

なんとここでは6人でボートに乗りましたw

DSC_4772.JPG

ここもやはり中国情緒がありますね。

DSC_4770.JPG

やっぱり、男性陣が動力源なのねww

そして私はボートの操舵を任されることに!?
前後に動くレバーによってボートの方向転換をするのですが、
その操作の難しいことなんのって。
出発早々、停泊している隣のボートにぶつかる羽目にww

DSCN3386.JPG

女性陣は和やかに談笑。
よっしゃ、日本男児の心意気・力強さを見せてやる!!・・・と思って、
肝心のボートのペダルを見てみると・・・

DSCN3387.JPG

これ・・・一生懸命漕いでる途中で バキッ っといきませんよね・・・。
ちょっと不安だなぁww

DSC_4781.JPG

DSC_4794.JPG

いい風景、心地よい風。
東京と違ってカラッとした気候。
これだけで文句無しですねww

沿岸では蓮の花が満開に咲き誇っていてこれがまた奇麗だったぁ。

DSCN3385.JPG

おいおい、上陸禁止って立て看板は見えないのかい。
泳いじゃってるよw しかもよくよく見りゃ、オジさんエエ身体しとるのぉ!!

DSC_4793.JPG

ZHOUさん、あなたのポージングはすばらしいよ!
カメラ目線、決まってますねwwww

このボート漕ぎで大分メンバー間の親睦が深まりました。
特に一緒にボートを漕いだLEEさんとは特に親睦が深まりました。

そして、足と背中の疲労も一気に深まりました。


DSCN3110.JPG

次にやって来たのは『 畑袋斜街 』という、
昔ながらの町並みを改装して土産物屋や飲食店が立ち並んでいる地区。
函館でいうと金森倉庫みたいな場所でしょうか。

DSCN3113.JPG

超市って何ww

DSC_4807.jpg

DSCN3120.JPG

面白いモノが所狭しと沢山あったのですが、
私はここで自分の干支であるウサギを象った切り絵と古文書風の雑記帳、
そして、人民解放軍の帽子を購入しましたw


DSC_4812.JPG

ボートを漕いでLEEさんと私は少しお腹が空いたので、皆でマクドナルドに入ることにしました。
『 麦当劳 』へぇ、中国語ではこういう風に表記するのか。
因にケンタッキーは『 肯徳基 』と書くらしいです。

しかし、ZHOUさんマックの前でポーズはいいですよww
そして右側の手はお菓子を食べる私の手ww

DSC_4820.JPG

ここで面白かったのは国ごとに違うポテトの食べ方。
韓国勢はポテトをプレートに出し、ポテトの入れ物を皿代わりにしてケチャップを出して付けながら食べていました。

DSC_4821.JPG

一方こちらは私日本人。
ポテト一本いっぽんに小出しでケチャップを付けて食べていた。

ちょっと、みみっちい食べ方ですかねww
私はお刺身でもワサビを醤油に溶かしたくない人で、
お刺身にワサビを少しずつ付けて食べるのが好きなんです。
つーか、日本ではチューブではなくパックにケチャップが入っていますよね。
そっちの方が付けやすいし食べやすいw

そして写真は無いんですが、
中国勢はポテトをトレーに出してポテトの上にケチャップを出して食べていました。

ポテト1つとってもこんなに違うかぁ。
いやぁ、面白い。

DSC_4823.JPG

そんな訳で皆でポテトを食べる風景をパチり!


次回、万里の長城編に続きます。

posted by Takuro Yamauchi at 15:13| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

中国での日々2〜フィールドワーク故宮編(8/3)

さて、この日からフィールドワークが始まりました。

この日は、天安門広場→故宮博物院→北海(ボート漕ぎ)→畑袋斜街を見て回りました。

写真が多いので今回は故宮編と称して、
天安門広場から故宮博物院までの道のりを書きます。


DSCN2954.JPG

朝の大学内の風景。
中国の朝は太極拳による精神統一から始まる。

DSCN2958.JPG

まず始めに訪れたのは『 国家大劇院 』
国営の大劇場です。京劇などの伝統芸能の公演などが行われているそうです。
国家っていう文字は重みがありますねw

DSCN2969.JPG

なんでも通称『 Egg(卵)』と呼ばれているらしいです。
水面に映し出される上下対象のシルエットが面白いです。

DSCN2986.JPG

そしてやってきました、『 天安門広場 』!!

DSCN2990.JPG

広い、とにかく広い!!
ここは世界で最も広い広場だそうで、タイル100万枚が敷き詰められているそうです。
タイル1枚に人間一人が立つとして100万人を収容出来る計算になります!?

DSC_4667.JPG

こちらの建物は、『 中国国家博物館 』

DSCN2994.JPG

こちらは 『 人民大会堂 』
ニュースで出る、中国共産党大会が行われるのはこの建物です。

DSC_4663.JPG

毛主席記念堂。毛沢東主席の遺骸が安置されている。


DSC_4671.JPG

おっ、あの変な乗り物はなんだ!?

DSC_4665.JPG

ゴミ収集自転車!!
天安門広場では清掃員が広場内を巡回して、落ちているゴミを収集して回っています。
しかし、なかなか思い切ったデザインだなぁw


DSCN3001.JPG

国家建設の父 毛沢東 主席とパチリ。
よく見てみると、これは写真じゃなくて絵なんです!
ずっと写真だと思ってましたw
日本の懐かしい銭湯で見る事ができる風景画みたいな感じのモノです。


DSCN3004.JPG

そして、いよいよ『 故宮博物院(紫禁城)』の内部へ!!

DSC_4684.JPG

門に施されている金色の装飾品を触ると幸運が訪れるのだとか!?
皆触っていくから、一番低い部分の金色のメッキだけが剥げているw
一種のログですね。

DSCN3041.JPG

内部は人人人。人の海です。


DSCN3013.JPG

DSCN3020.JPG

おっ、アフォーダンス!!
内部はとても広いので、ちょっとした段差や腰を掛けられる部分を用いて休憩している人たちがとても多かった。そして、そこから生まれる無数のコミュニケーション。
これはナニかに使えるかも!?

DSCN3031.JPG

なるほど、チラシを一枚敷いて座るのか。


DSCN3054.JPG

九匹のドラゴン。
奇数は縁起のいい数字で、様々な装飾品は奇数で表されているのだとか。

DSCN3045.JPG

DSCN3080.JPG

建物の様々な部分に施された、見事なまでの精緻な装飾の数々。
まさに、豪華絢爛!!

DSC_4750.JPG

子供と戯れる狛犬の像。
顔は恐いけど、なんだか微笑ましい感じがします。
狛犬は守り神なんだそうです。


DSC_4766.JPG

ゴォール!!
ここまでたどり着くまでが長かった。

故宮博物院は一日じゃじっくり見物することはできません。
2〜3日は欲しいところです。

次回来るときは、長期滞在してじっくり見たいです。

今回はそのスケールのデカさにただただ圧倒されるばかりでした。


次回、フィールドワーク ボート編に続きます。

posted by Takuro Yamauchi at 19:37| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。